小林総領事のシュルツ・ナッシュビル商工会会頭への着任表敬(6月1日)

 6月1日、小林総領事は、ラルフ・シュルツ・ナッシュビル商工会会頭(テネシー日米協会前会長)を表敬し、着任の挨拶を行いました。
 懇談では、1980年代以降、今日も成長を続ける日本とテネシー州のパートナーシップの重要性について意見交換がなされました。また、双方にとって有益な二国間関係を一層強化するためにナッシュビル商工会及びテネシー日米協会が担う重要な役割を念頭に、日テネシー関係強化のための方策を協議し、今後も共働していくことを確認しました。