小林総領事のスカナピエコ・テネシー日米協会理事長への着任表敬(6月19日)

 6月19日、小林総領事は、ジョン・スカナピエコ・テネシー日米協会(JAST)理事長を表敬し、着任の挨拶を行いました。
 リー・ワイランドJAST・CEOも同席した懇談の席で、小林総領事からは、190社近くの日系企業が事業を展開するテネシー州において、企業支援やナッシュビル桜祭り、メンフィス・ジャパン・フェスティバル等様々なグラスルーツのアウトリーチ等を通じて日米関係の促進に貢献しているJASTの活動に謝意を述べました。双方は、JASTが日米両国の関係において担う重要な役割を念頭に、日テネシー関係強化のためにJASTに期待される新しい役割等についても協議し、引き続き共働していくことを確認しました。