在留届、帰国・変更届の提出

アーカンソー、ケンタッキー、テネシー、ミシシッピー及びルイジアナの各州に3ヶ月以上滞在される場合には、当館に必ず「在留届」を提出してください。また、提出後、住所等に変更が生じた場合や帰国の際には、必ず「 帰国・変更届(WORD) (PDF)」を提出して下さい。

 

1. 在留届提出の必要性

  自然災害や航空機事故などの緊急事態の発生時に当館から安否照会などを行うために役立ちます。

2005年8月及び9月にハリケーン・カトリーナ及びリタがルイジアナ州及びミシシッピー州に大きな被害をもたらした際には、両州の在留邦人の皆様から提出されていた在留届に基づき、外務省や在ニューオリンズ総領事館(2008年1月1日をもって廃止)などから安否確認を行うとともに、ご親族などからの照会にも対応しました。

  また、何らかの理由で当館からご家族やご親族に連絡を取る必要がある際も在留届が役立ちます。

在留邦人の方が急病で危篤状態になられ、入院中の病院から当館に連絡があり、日本のご家族に連絡をとる必要が生じた際などにも在留届に基づき連絡を取っております。
 

2. 在留届にEメールアドレスをご記入いただいた方には、当館から、大規模災害、治安、領事出張サービス、イベントなどに関する情報や各種のお知らせを配信致します。

 

3. 提出方法

(1) 在留届
  在留届の書式は、 こちら からダウンロードできます。記入例はこちらをご参照ください。提出は、郵送、FAX、Eメール、 インターネットによる電子届出 のいずれでも結構です。

  送付先住所: Consulate-General of Japan

    Consular Section, 1801 West End Avenue, Suite 900, Nashville, TN 37203
   FAX :(615)340-4312
   Eメールアドレス: con1@nv.mofa.go.jp 又はcon2@nv.mofa.go.jp

(2) 帰国・変更届

 住所等の変更事項のある場合や、帰国の際には必ず「 帰国・変更届(WORD)(PDF) 」を提出して下さい。 インターネットによる電子届出 をされた方は、 こちらからインターネットで帰国・変更の届出ができます。

(例:当館管轄地域から、アメリカ国内の他の在外公館の管轄地域、あるいは他の国に転居した場合には、当館に対して「帰国・転出届」を提出いただくとともに、転居先の地域を管轄する在外公館に対して「在留届」を提出願います。)
 

なお,平成26年4月1日より,以下の方については,当館管轄地域から転出したものとして扱う場合もありますのでご了承下さい。
●「滞在期間」欄記載の滞在終了予定日を経過しても何のご連絡もいただけず,更にその後1年間,当館にて在留が確認できない方
●「滞在期間」欄記載の滞在終了予定日が到来していない方のうち,1年以上の期間にわたり当館より連絡がつかない方

4. SMS配信を停止する方法
登録された携帯電話番号は、事件・事故や災害時の安否確認、救援活動、ショートメッセージサービス(SMS)を用いた緊急情報の発信に使用します。

米国の携帯電話番号を登録した場合、54120の番号に宛てて「STOP」という本文をSMS送信することにより、いつでもSMSの受信を停止することができます。また、54120の番号に宛てて「HELP」という本文をSMS送信することにより、本SMSに関する概要説明をSMSで受信できます。詳細についてはmofasms@mofa.go.jpか+81(3)55018504までご連絡ください。SMSの送受信に当たっては、契約プランに基づいて課金されることがあります。詳細は海外安全ホームページの「重要なお知らせ」(英語のみ)別ウィンドウで開くをご確認ください。