安全対策情報(2019年7月~9月)

1 社会・治安情勢
(1)期間中,治安情勢に大きな変化はありませんでしたが,米国内の都市部では依然として強盗などの発生が顕著ですので,注意が必要です。
  なお,下記2(1)テネシー州ナッシュビル市内の一般犯罪・凶悪犯罪の傾向を見ると,殺人及び強姦は微増中ですが,強盗及び窃盗犯罪は減少傾向にあります。自動車盗は減少傾向にあるも依然多発していますため,下記の点に特に注意してください。
  ・ 人通りの少ない所に駐車しない
  ・ 短時間であっても,鍵をつけたまま車から離れない
  ・ 駐車する際は車内に高価な物を放置しない
  ・ 駐車した後は施錠を確認する
(2)7月30日,ミシシッピー州サウスヘイブン市内のウォルマート(スーパーマーケット)で銃撃事件が発生しました。また,8月19日,テネシー州メンフィス市内のキリスト教会で無差別発砲を計画していたトラック運転手が逮捕されました。引き続き安全対策に十分ご注意下さい。
 
2 一般犯罪・凶悪犯罪の傾向
  管轄主要都市の犯罪種別ごとの発生状況は以下のとおりです(括弧内は前年同期)。
(1)テネシー州ナッシュビル市(7月~9月期)
  殺人:25件(24件)
  強姦:154件(150件)
  強盗:490件(549件)
  侵入盗(一般住宅対象):855件(1,033件)
  自動車盗:699件(748件)
 
    テネシー州ナッシュビル市内年間犯罪発生状況
   

(2) ケンタッキー州レキシントン市(5月~7月期)
※10月9日現在,8月~9月の犯罪発生状況は公表されていません。
  殺人:2件(8件)
  強姦:43件(56件)
  強盗:86件(113件)
  侵入盗:427件(423件)
  自動車盗:241件(327件)