新型コロナウイルス関連情報(テネシー州における自宅待機命令について)

2020/4/4
1 3月30日,テネシー州知事は,州民に対し,(1)できる限りの自宅待機を命令,(2)必要不可欠な仕事以外の業務を制限することを義務付ける行政命令を発出しました。
 
2 この自宅待機命令は3月31日(火)から4月14日(火)までの措置となっていますが,状況によってはその後の継続や,別の措置がとられる可能性もあります。
 
3 自宅滞在命令が発令されても「必要不可欠な活動」のための外出は可能ですが,感染拡大を防ぐため集会に参加したりすることのないように注意してください。

3 可能な活動の例は以下の通りです。
・病院での診察
・薬局での薬の購入
・食料や日用品の購入
・自動車用品の購入
・レストランへのデリバリー注文やピックアップ
・他人との距離を最低6フィートの間隔を保ちながらの散歩,ハイキング,ジョギング
・家族の介護
・宗教施設の訪問
・冠婚葬祭への出席
・「必要不可欠な仕事」のための通勤
 
4 「必要不可欠な活動(Essential Activities)」及び「必要不可欠な仕事(Essential Businesses)」の詳細については,以下を参照願います。
https://publications.tnsosfiles.com/pub/execorders/exec-orders-lee22.pdf
 
5 在留邦人の皆様におかれては、自宅待機命令の遵守に努め,不必要な外出を避けるとともに,引き続き関連情報の収集に努めて下さい。