新型コロナウイルス関連情報(ルイジアナ州における規制緩和について)

2021/4/2
1 3月30日、ルイジアナ州のジョン・エドワーズ知事は、コロナ関連の規制を緩和するも、州全体でのマスク着用義務は継続する行政命令に署名しました。概要は以下のとおりで、3月31日から4月28日までの間の措置となります。詳細については、以下をご参照ください。(66-JBE-2021-State-of-Emergency-COVID.pdf (louisiana.gov)
 
2 規制内容(下線部が緩和された措置)
(1)州民のうち、65歳以上の者や基礎疾患があるなど、リスクが高い者は、必要不可欠な活動を除き、自宅待機すべきである。
(2)レストラン、美容院、ショッピングモール及びジム等の収容規制が停止されたが,社会距離の確保やマスク着用義務は継続された。
(3)スポーツイベントは、収容率50%以内に規制され、イベント会議場などは収容率50%以内又は500人以下に緩和される。
(4)バーの屋内での飲食提供等に関する収容率規制は停止されたが,全ての客は着席しなければならない。21歳未満は来店出来ない。
(5)集会人数は、屋内では一箇所につき500人以下、社会的距離が確保出来ない屋外では、開催場所の収容率50%以下に制限緩和される。
(6)例外を除き、州全体において、商業施設など全ての建物の屋内、交通機関及び屋内屋外を問わずパブリックスペースにおいてフェイスカバー着用が義務づけられる。
 
3 在留邦人の皆様におかれては、行政命令の遵守に努め、引き続き関連情報の収集に努めて下さい。