安全対策情報(2021年4月~6月)

2021/7/10
1 社会・治安情勢
(1)期間中、治安情勢に大きな変化はありませんでしたが、米国内の都市部では強盗事件などが発生していますので注意が必要です。
   自動車盗や車上狙い事件も発生していますため、下記の点に注意してください。
  ・ 人通りの少ない所に駐車しない
  ・ 短時間であっても、鍵をつけたまま車から離れない
  ・ 駐車する際は車内に高価な物を放置しない
  ・ 駐車した後は施錠を確認する
(2)ハリケーンの発生
例年6月から11月末までの間はハリケーン・シーズンと呼ばれ、カリブ海・メキシコ湾岸で毎年数個のハリケーンが発生しています。下記の関連ウェブサイト等を参考に最新のハリケーン情報や現地の気象情報の収集に努め、ハリケーンによる被害が予想される場合には、渡航・外出を控えたり、日程・移動経路を変更したりするなど、災害や事故に巻き込まれないよう安全確保に努めてください。
《参考ウェブサイト》
世界気象機関:( http://severe.worldweather.wmo.int/ )
ウェザー・チャンネル:( http://www.weather.com/ )
米国ナショナル・ハリケーン・センター:( http://www.nhc.noaa.gov/ )
(3)アジア系住民に対するヘイトクライムについて
 米国では、アジア系住民に対するヘイトクライムの発生が懸念されます。
 これまで当館館内(アーカンソー、ケンタッキー、ルイジアナ、ミシシッピ及びテネシー州)において、邦人に対するヘイトクライムの発生や具体的な脅威情報には接していませんが、ヘイトクライムを含め犯罪被害に遭わないよう、暗い時間帯、単独での一人歩きをなるべく避けるなど警戒心を保持してください。
 
2 一般犯罪・凶悪犯罪の傾向
  管轄主要都市の犯罪種別ごとの発生状況は以下のとおりです(括弧内は前年同期)。
(1)テネシー州ナッシュビル市(4~6月期)
   殺人:31件(21件)
   強姦:131件(103件)
   強盗:333件(354件)
   侵入盗(一般住宅対象):549件(533件)
   自動車盗:689件(663件)
(2)ケンタッキー州レキシントン市(3月~5月期)
※7月9日現在、6月の犯罪発生状況は公表されていません。
         殺人:8件(7件)
   強姦:53件(28件)
   強盗:65件(81件)
   侵入盗:301件(336件)
   自動車盗:251件(257件)
 
3 邦人被害事案
期間中、邦人被害事案に関する報告はありませんでした。
 
4 テロ・爆弾事件発生状況
 管轄内ではテロ事案等の発生はありませんでした。
 しかしながら、世界各地で近年、過激思想に基づくテロ事件が発生し平穏な生活を脅かしています。万が一にもテロ事件の被害に遭わないよう、テロの標的になりやすい場所(空港、駅及び集会・イベント会場等、人が多く集まる場所など)を訪れる際は、周囲の状況に気を配り、不審な状況を察知した場合は速やかにその場を離れるなどして安全確保に努めてください。