杵渕総領事の横浜タイヤ・ミシシッピ工場開所式への出席(10月5日)

【桜とマグノリアの植樹式】

【挨拶をする杵渕総領事】

 10月5日(火)、杵渕総領事は、ミシシッピ州ウェストポイント市にて開催されたヨコハマタイヤ・マニュファクチュアリング・ミシシッピ(Yokohama Tire Manufacturing Mississippi, LLC、「横浜タイヤ」)工場の開所式に出席しました。
 ブライアント・ミシシッピ州知事は、開所式の挨拶において、横浜タイヤのおかげで多くの家族が地元でアメリカンドリームを実現することが可能となる、今回のプロジェクトはミシシッピにとって特別なものであり、子孫にとっても誇りとなる、この関係が末永く続いてほしい旨述べました。
 杵渕総領事からは、関係者の尽力に対する敬意を表すとともに、ミシシッピ州の国際競争力を高めるべく地元経済の発展に貢献している日本企業に感謝の言葉を述べました。また、今後横浜タイヤが当地で成功を収めていくことは、ミシシッピ州で拡大を検討している他の企業にとってのモデルケースとなるであろう旨述べました。